【EXCEL】演算子の種類

スポンサーリンク

EXCELで使う演算子の種類

EXCELの数式に現れる「+」とか「ー」とか「*」とかの記号。これ演算子って言います。関数使ったりするときには範囲の指定をしたり計算したりIF関数で条件を指定したり、色んなところで現れるのできちんとおさらいしておきましょう!

算術演算子

計算する時に使うやつね。「%」って演算子だったんだ~って感じしますね。

▼A1セルに「15」、A2セルに「3」が入力されてるとすると

演算子 意味 使用例 こういう事 答え
加算 =A1+A2 =15+3 18
減算 =A1-A2 =15-3 12
乗算 =A1*A2 =15✕3 45
/ 除算 =A1/A2 =15÷3 5
^ べき乗 =A1^A2 =153 3375
% =A1*A2% =15✕3% 0.45

文字列演算子

文字列くっつける時に使うやつね。「CONCAT関数」でも同じようなことできるね。

▼A1セルに「あい」、A2セルに「うえお」と入力されているとすると

演算子 意味 使用例 こういう事 答え
& 文字列結合 =A1&A2 ="あい"&"うえお" あいうえお

比較演算子

IF関数とか条件式作る時に絶対必要なやつ「TRUE」「FALSE」は真偽値ってやつね覚えといてね。

▼A1セルに「15」、A2セルに「3」が入力されてるとすると

演算子 意味 使用例 こういう事 答え
= 等しい =A1=A2 15と3は等しい FALSE(正しくありません)
<> 等しくない =A1<>A2 15と3は違います TRUE(正しいです)
> より大きい =A1>A2 A1はA2より大きい TRUE(正しいです)
< より小さい =A1<A2 A1はA2より小さい FALSE(正しくありません)
>= 以上 =A1>=A2 A1はA2以上 TRUE(正しいです)
<= 以下 =A1<=A2 A1はA2以下 FALSE(正しくありません)

参照演算子

SUM関数で考えると分かりやすいと思うけど、引数に範囲を指定したりする時に使うね。普通はドラッグして選択するからベタ打ちはしないかな?よく見たらこうなってるよ。半角スペースで被ってる範囲が指定出来るんだってさ。どこで使うんだろうね(笑)

演算子 意味 使用例 こういう事
: セルの範囲 A1:C3 A1セル~C3セルの範囲
, 複数のセル C1:D4,E1,G1 C1セル~D4セルの範囲と、E1セルとG1セル
(半角スペース) セルの共通部分 A1:C4 B2:D5 B2セル~C4セルの範囲(A1セル~C4セルの範囲とB2セル~D5セルの被ってる範囲)

まとめ

大体はわかるやつだけど、改めて調べてみると、「こんなんあったんだ!」みたなのも出てきてますね。基礎なのでしっかり身につけましょう!