【EXCEL】演算子って優先順位があるの知ってた??

スポンサーリンク

演算子って優先順位あるの知ってた??

数式や計算で使う演算子。当たり前過ぎて普段意識しないですが、優先順位がるの知ってました?学校では四則演算は習いますよね。もちろんEXCELの計算式も四則演算の法則は当てはまりますが、他にも演算子が出てくるので知りたい人もいるかもしれないのでまとめています。

演算子の優先順位

早速ですがこれです。

順位 演算子 説明
: , 半角スペース 参照演算子
マイナス(負の符号)
% パーセンテージ(100分の1)
^ べき乗
* / 掛ける・割る(✕ ÷)乗算・除算
+ ー 足す・引く 加算・減算
& 文字列の結合
= <> > < >= <= 比較演算子

例えば、

=IF(SUM(A1:B2)+2 * 4 - 15>15,”○”,”✕”)

みたいな意味わからん数式があったとします。こいつは日本語に訳すと、「もし、A1セル~B2セルの値を合計したものと2✕4の答えとを足したものから15引いた答えが15より大きければ○、そうでなければ✕」という意味です。

上の表に当てはめると、SUM関数で使っている参照演算子→乗算→加算→減算→比較演算子という流れになていることが分かります。

優先順位を変更する

優先順位は「( )」の記号を使うことで変更出来ます。

例えば先程の数式は、順番は次の図のようになります。

「4-15」を「( )」でくくることによって優先順を上げることが出来ます。

「( )」中は、最も優先順位が高いんですね。まずはカッコの中を見る、カッコの中でいろいろな演算子が混じっていたら、そのカッコの中だけで演算子の優先順位ごとに順番が変わります。

まとめ

まぁあんまり意識してやると言うよりは、そりゃそうでしょって感じですが、数式とかが複雑になって来ると混乱することもあるかと思います。そんな時は一度思い出してくれると幸いです。

ちなみに、僕は数式が増えて来て四則計算が意味分からんくならんように、しっかりと「( )カッコ」でくくって、見失わないように心がけています(^^) ちょっとダサいけど混乱するよりましですね。