【EXCEL | NUMBERSTRING関数】数値を”壱弐参”などで表示する

スポンサーリンク

数値を”壱弐参”などで表示する

まぁあんまり使うこともないかもしれませんが、、、

いまだに領収書や請求書では、この表現で書いているものも残っているかと思います。

NUMBERSTRING関数

構文

= NUMBERSTRING( 数値, 書式 )

引数の”数値”には変換元の数値(セルの参照も、もちろんOK)を指定します。

”書式”には下の表のように、漢数字の書式を数値で指定します。

説明説明
1漢数字(一、二、三、、、)と位(十、百、千、、、)に変換一万五千二百
2大字(壱、弐、参、、、)と位(拾、百、阡、、、)に変換壱萬伍阡弐百
3漢数字(一、二、三、、、)に変換一五二〇〇

それでは実際のサンプルでご確認下さい。

A列に入力した、変換元の数値をB列のNUMBERSTRING関数を使って”壱弐参、、、”の表現に変換します。

B2セルに次の数式を入力します。

=NUMBERSTRING( A2, 2 )

Enterで確定すると

変換されましたね(^o^)

B4セルまでコピーしましょう!

はい。出来ましたね(^o^)

簡単です。

実務で使う場合は、何やか計算してからの結果をこの表現にしたいと思うので、NUMBERSTRING関数の”数値”の引数部分には、数式が入ると思います。

例えば、ひらちんとの握手券(単価150,000円)が222個売れているとします。

D2セルに”壱弐参、、、”の表記で表示するには、次の数式を入力します。

=NUMBERSTRING( B2*C2, 2)

第一引数の数値のところを計算式にすればいいですね(^o^)

万事OKです!