最低限覚えておきたいEXCEL関数

これだけ覚えれば大丈夫!特選関数!

EXCELの関数はむちゃむちゃ沢山あるので、こんなに覚えれない…。と、思って苦手意識が更に強くなってしまう方も多いみたいですが、実は、実務で使っている関数なんてたかが知れています。ここでは、特に使用頻度の高い関数を集めて解説していきたいと思います!これだけやっとけば、基本は充分!そんな内容です。

SUM関数・AVERAGE関数(まずはこれから)

まずは関数とは何?関数の基本的な使い方から!

【EXCEL | SUM関数・AVERAGE関数】簡単な関数を使う
EXCELでは、+-✕÷の四則演算を使い、各セルを指定しての計算もできますが、「関数」と言うものを利用して、もっと便利に、簡単に求めたい答えを導き出すことが出来ます。関数は、むちゃくちゃ沢山あります続きを読む

MAX関数・MIN関数

選択した範囲の中で一番大きいもの(MAX関数)や一番小さいもの(MIN関数)を表示します!

【EXCEL | MAX関数・MIN関数】最大値と最小値を表示する
最大値・最小値を表示してくれる「MAX関数・MIN関数」 MAX関数 「=MAX(範囲)」という形で範囲(引数)に指定した範囲の中から最大値を表示します。 例えばA1、A2、A3、続きを読む

COUNTA関数

選択した範囲の中の空白じゃないセルの個数を数えます。

【EXCEL | COUNTA関数】空白ではないセルの数を数える
選択した範囲の空白でないセルの個数を数えてくれる「COUNTA関数」 COUNTA関数 「=COUNTA(範囲)」という形で範囲(引数)に指定した範囲の中の空白では無いセルの個数を数えて続きを読む

IF関数

条件によって違う答えを表示してくれます!

【EXCEL | IF関数】条件式によって答え分岐する
条件式の答えによって違う処理をしてくれる「IF関数」 IF関数 「=IF(①条件式,②真の場合,③偽の場合)」という形で①の条件が真か偽かによって出す答えを変えてくれる関数です。 続きを読む

SUMIF関数

条件に一致したデータだけの合計をします!

【EXCEL | SUMIF関数】条件に合致したデータの合計を計算する
条件を指定して合計を算出する「SUMIF関数」 SUMIF関数 「=SUMIF(①集計基準範囲,②集計基準,③合計範囲)」 という形で引数(括弧内の部分)に指定した条件で合計を求め続きを読む

COUNTIF関数

条件に一致したデータだけのセルの数を数えます!

【EXCEL | COUNTIF関数】指定した条件に合ったセルの数を数える
指定した条件に合ったセルの数を数える「COUNTIF関数」 COUNTIF関数 「=COUNTIF(①範囲,②検索条件)」 という形で引数(括弧内の部分)に①で指定した範囲に、②で続きを読む

VLOOKUP関数

【EXCEL | VLOOKUP関数】指定した条件の指定したデータを別のデータから探して入力する
指定した条件の指定したデータを別のデータから探して入力する VLOOKUP関数 「EXCEL使えるひと」とそうでない人。この関数は、それを分ける一つのポイントだと思います。「こっちにマス続きを読む

おまけ

計算で使う演算子の説明です

【EXCEL | NOTE】演算子の種類
EXCELで使う演算子の種類 EXCELの数式に現れる「+」とか「ー」とか「*」とかの記号。これ演算子って言います。関数使ったりするときには範囲の指定をしたり計算したりIF関数で条件を指定した続きを読む