【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】選択したセルの文字列をカタカナ←→ひらがないに変換する

スポンサーリンク

選択したセルの文字列をカタカナ←→ひらがないに変換する

イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環境のエディター/Visual Basic Editor)で使用することができる機能で、主にコードの実行結果を試すなど、デバッグする時に使うものです。

イミディエイトウィンドウにVBAコードを書いて、一気に処理する方法を説明しています!

今回は、「セルを選択して、中の文字列をカタカナ←→ひらがなに変換する」方法です。

↓イミディエイトウィンドウの立ち上げ方などはこちら

【EXCEL VBA】イミディエイトウィンドウを使う
イミディエイトウィンドウとは イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環続きを読む

使い方

前提:選択したセルの中の文字列をカタカナ←→ひらがなに一気に変換します。

使う機会。。。んー、一つのセルの中にカタカナ・ひらがなが混じってる時に調整かけたいことがあるかもしれない。あんま無いけど、あった時に知ってたらきっと便利です。

※漢字・数字・アルファベットはそのまま変わりません。

【サンプル】

まずは、「ミカン(B3セル)」を「みかん」にします。

コード

ちゃんとしたコード

Selection = strconv(Selection, 32)

選択せずに、セルを指示する場合は、「Selection」を「[b3]」に置き換えて下さい。

「32」がひらがなにするやつです。(vbHiragana)と入れてもOK

カタカナにする場合は「16」にして下さい。(vbKatakana)と入れてもOK

入力画面

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行動画

結果画面です。

他にも、アルファベットの大文字←→小文字、半角←→全角などの変換も可能です。

一覧表です。定数か値を入れると内容のように変換出来ますよ。

定数 内容
vbUpperCase 1 大文字に変換
vbLowerCase 2 小文字に変換
vbProperCase 3 各単語の先頭の文字を大文字に変換
vbWide 4 半角文字を全角文字に変換
vbNarrow 8 全角文字を半角文字に変換
vbKatakana 16 ひらがなをカタカナに変換
vbHiragana 32 カタカナをひらがなに変換

まとめ

プログラムコードの中で文字列扱う時は一定の需要があるんです。

オススメの本

VBAはこの本きっかけだったな~