【EXCEL VBA | StrConv関数 】文字列の全角と半角を変換する

スポンサーリンク

StrConv関数

文字列の全角と半角を変換する

構文

StrConv(元の文字列, 変換する文字種)

元の文字列に、半角や全角に変換したい文字列を指定し、”変換する文字種”で全角にするか半角にするかを指定します。

対象は、アルファベット・記号・数値です。

変換する文字種に"vbWide"を指定すると全角に、”vbNarrow”を指定すると半角になります。

実行サンプル

次のデータで試しましょう。

半角→全角

A2セルに”ABC123-アイウ”と全て半角の文字列を入力しています。

B2セルにStrConv関数で、全角の文字列に変換します。

全角にするには、”vbWide”の指定です。

Sub sample()

    'シートの指定
    Dim sheet As Worksheet
    Set sheet = ActiveSheet
    
    '半角→全角に変換(vbWide指定)
    With sheet
        .Range("B2") = StrConv(.Range("A2"), vbWide)
    End With
    
End Sub

実行すると、次のようになります。

全ての文字列が全角になりました。

全角→半角

では、A3セルにB2セル(全角にした値)を半角に変換した値を入力します。

半角にする場合は、”vbNarrow"を指定するんでしたね。

Sub sample()

    'シートの指定
    Dim sheet As Worksheet
    Set sheet = ActiveSheet
    
    '全角→半角に変換(vbNarrow指定)
    With sheet
        .Range("A3") = StrConv(.Range("B2"), vbNarrow)
    End With
    
End Sub

実行すると、次のようになります。

全角の文字列が、半角になりA2と同じになりましたね。