【EXCEL VBA | Trim関数】空白を削除する

スポンサーリンク

空白を削除する

ワークシート関数でもお馴染みの不要な空白を除去するTrim関数を紹介します。

この関数は、空白を削除しますが、”文字列の左側と右側の空白を削除する”ので挙動には注意する必要があります。

文字列内の全ての空白を削除するには、Replace関数を使うと便利です(^o^)

それではTrim関数の紹介です。

構文

Trim(文字列)

使い方は簡単です。

引数に空白を削除したい文字列を指定するだけです。

実際に挙動を確認しましょう。

サンプル

A列に色々文字列を入力しています。

Trim関数を通した後の文字列を、B列に入力します。

コードはこちらです。

Sub sample()

    Dim i As Long
    For i = 2 To 6
        
        'A列の文字列をTrimに通してB列に入力する
        Cells(i, 2) = Trim(Cells(i, 1))
    
    Next
    
End Sub

簡単ですね。

A列 Cells(i, 1) を Trim関数の引数に指定して、B列 Cells(i, 2) に入力しています。

実行してみましょう。

結果はこちらです。

文字列の両サイドの空白が削除されて、文字列内の空白は残っていることが分かります。

空白は、半角でも全角でも両方削除してくれます(^o^)

文字列内の空白は残したいけど、両サイドは削除したいときに便利に使えますね!