【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】指定したセル範囲を行ごとに結合する!

スポンサーリンク

指定したセル範囲を行ごとに結合する!

イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環境のエディター/Visual Basic Editor)で使用することができる機能で、主にコードの実行結果を試すなど、デバッグする時に使うものです。

イミディエイトウィンドウにVBAコードを書いて、一気に処理する方法を説明しています!

今回は、「セルの塗りつぶしの色を確認する!」方法です。

↓イミディエイトウィンドウの立ち上げ方などはこちら

【EXCEL VBA】イミディエイトウィンドウを使う
イミディエイトウィンドウとは イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環続きを読む

使い方

前提:セル範囲を行ごとに結合する 

ワークシートの機能である「セルの結合」見やすく表現するために使ってる人は多いと思います。でも何行にも渡って結合したいときとか、一気に出来ないかな~とか思ってる方も多いんじゃないでしょうか??そんな方のために、VBAの1行コードで選択範囲を行ごとに結合するコードを紹介します。

【サンプル】

え~と、今回も相変わらず特に意味の無いデータですが、C6からD9セルの範囲を指定して、一行ごとに結合してきます。

コード

ちゃんとしたコード

Range("C6:D9").Merge Across:=Ttrue

省略コード

[c6:d9].merge true

調べるセルをマウスなどで指定してから実行する場合は、Range("C6:D9")[c6:d9]部分はselectionでOKです。

selection.merge true

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行動画

結果画面です。

Merge」メソッドで指定する範囲を結合することが出来ます。「Across」は引数で、指定しなければ「False」で全て結合します。これを「True」に指定することで行ごとに結合をすることが可能です。

コードを使わない方法

実はコードを使わずに実現する方法もあります。

「ホーム」タブ→「配置」グループの「セルを結合して中央揃え」の右側に「▼」があると思うのですが、これをポチッとすると、下位メニューが表示されます。その中に「横方向に結合」というのがあるのですが、これで出来ます。

結合したい範囲を選択した状態で、「横方向に結合」を押すことで、同じことが実現出来ます。

まとめ

以前はこの機能は隠されてたんですが、今は最初からあるんですね(^^)

オススメの本

VBAはこの本きっかけだったな~