【EXCEL VBA | StrConv関数】半角と全角を変換する

スポンサーリンク

半角と全角を変換する

ローデータの処理なんかをしてると、半角と全角を揃えるために相互に変換したくなるときがあります。

そんなときのために、今回は半角と全角を変換するStrConv関数を紹介します。

構文

StrConv(変換したい文字列, 変換内容の指定)

変換内容を指定する引数には、以下の2つが指定出来ます。

vbWide全角に変換
vbNarrow半角に変換

では早速やってみます。

サンプル

A1セルの文字列を全角にして、B1セルに入力するコードです。

Sub sample()

    Range("B1") = StrConv(Range("A1"), vbWide)
    
End Sub

全角にしたいので、"vbWide"を指定しています。

半角の”abcd”に対して実行します。

B1セルに、全角の"abcd"が表示されました。

反対に、全角を半角にします。

今度は、B1セルの全角文字をC1セルに半角で入力しましょう。

Sub sample()

    Range("C1") = StrConv(Range("B1"), vbNarrow)
    
End Sub

半角にしたいので、"vbNarrow"を指定しています。

半角に戻りましたね(^o^)

以上です。

よく使うので覚えといて下さい(^o^)