【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】選択した範囲に同じ文字列を一括で追加する!

スポンサーリンク

セルの範囲を選択して、一気に同じ文字列を追加する

イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環境のエディター/Visual Basic Editor)で使用することができる機能で、主にコードの実行結果を試すなど、デバッグする時に使うものです。

イミディエイトウィンドウにVBAコードを書いて、一気に処理する方法を説明しています!

今回は、「セルの範囲を選択して、一気に文字列を追加する」方法です。

同じ値や数式を一括入力する方法はこちらをどうぞ

【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】同じ値をセルの範囲に一括入力する!
セルの範囲を指定して、同じ値を一括入力! イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログ続きを読む
【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】数式をセルの範囲に一括入力する!
セルの範囲を指定して、数式を一括入力! イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラ続きを読む
【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】セルの範囲に種類の違う値や数式を一括で入力!
セルの範囲を指定して、数式を一括入力! イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラ続きを読む

↓イミディエイトウィンドウの立ち上げ方などはこちら

【EXCEL VBA】イミディエイトウィンドウを使う
イミディエイトウィンドウとは イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環続きを読む

使い方

前提:サンプルの名前一覧に「様」を一気に追加します。

これは結構使う機会多いんじゃないかなと思います。

この表の名前の後ろに、「様」を入れます。

コード

ちゃんとしたコード

Selection.Value = Evaluate(Selection.address & "&""様""")

「Selection」は今シート上で選択している範囲を表します。

「”」の数に気をつけて下さいね。

入力画面

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行動画

結果画面です。

コードを分解してみると分かりやすいです。

Selection.address → $B$3:$B$8

"&""様""" → &"様"

「”」で囲うと実際はなくなります。様の方は実際も「”」で囲いたいので、更にもう一回囲ってるんですね。

配列数式の書き方なので、B3→B4→・・・→B8に順番に「&”様”」を足していってるって流れです。

まとめ

これは、使い所たくさんあると思います!すっごい便利なので試して見てくださいね!同じ方法で、選択範囲の数値に一括で同じ数字を足したりも出来ますよ(^^)

オススメの本

VBAはこの本きっかけだったな~