【Googleスプレッドシート | RIGHT関数】文字列の右側から指定の文字数抜き出す

スポンサーリンク

スポンサーリンク


文字列の右側から指定の文字数抜き出す

RIGHT関数

構文

=RIGHT(文字列, 抜き出したい文字数)

使い方は、超簡単。

引数に、文字列や文字列の入ったセルの参照と、その文字列の”右側から”抜き出したい文字数を指定します。

サンプル

やってみましょう。

A列の「あいうえお」という文字列から、B列に指定している文字数を抜き出します。

C2セルに次の数式を入力

=RIGHT(A2, 0)

1つ目の引数が、参照の文字列(A2セルの「あいうえお」)で、2つ目が抜き出したい文字数なので0としています。

※抜き出したい文字数は、セル参照でもOKなので、「=RIGHT(A2, B2)」でも同じです。

Enterで決定します。

??と思った方もいるかも知れませんが、”0”文字抜き出すので、空白になっています。

3行目以降コピーしたいので、抜き出す文字数もセル参照に変更します。

Enterで確定

この数式をC8セルまでコピーします。

分かりやすいようにD列に、C列に入っている数式を表示しています。

指定した文字数が”右側から”抜き出されていることが分かります。

C8セルのように、元の文字列の文字数より多い文字数を指定しても、元の文字数分だけ抜き出されます。

その他の文字列の長さに関する関数

文字数単位バイト数単位説明
LENLENB文字列の長さを求める
FINDFINDB文字列を検索する
SEARCHSEARCHB文字列を検索する
REPLASEREPLASEB文字列を置換する
LEFTLEFTB先頭から指定の長さの文字列を抜き出す
RIGHTRIGHTB末尾から指定の長さの文字列を抜き出す
MIDMIDB任意の位置から指定の長さの文字列を抜き出す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする


スポンサーリンク