Googleスプレッドシートのデータをメールで添付して送る方法

スポンサーリンク

Googleのスプレッドシートで作ったデータをメール添付で送る

クラウド上で作業するGoogleスプレッドシートですが、作ったデータをメールでサクッと送りたいこともありますね。一緒に作業するとかでもなくとりあえず見てもらうとか。そういう相手ってスプレッドシートってなに??みたいなことも多いかと思います。

URL送ったら、「データ添付されてないよ」とか昭和な空気感で返される。。。

「URLあると思うんですがそれ開いて貰えれば見れます」の説明にも、「なんかよう分からんし普通にEXCELで送ってよ」って、普通ってなんだ?????

しょうがないので、スプレッドシートのデータをEXCELでダウンロードして、メール開いて添付して送信。

やっと確認してもらえると思ったら、「ここちょっと直して」的な!

スプレッドシート直して、またEXCELでダウンロードしてメール開いて添付して送信。。。

「面倒くせーな!」と思ってる方へ、朗報です。そんな機能があります。

さすがGoogle先生。

やり方

超簡単。まずは場所を見てもらいます。

送りたいと思っている(作業してるやつですね)スプレッドシートを開いて下さい。

「ファイル」メニューの「メールに添付して送信」以上

いやー、今まで気づいていなかった自分を恨みます。

いちおう、これクリックするとこんな画面がでます。

送信先のアドレスと、件名、メッセージを添えて送るだけ。

ちなみに、メッセージの下に「PDF▼」ってなってるところで、添付ファイルの種類も選べちゃいます。

①PDF

②OpenOfficeスプレッドシート

③Microsoft Excel

3種類から選べます。普通のEXCELは③です。②はオンラインのEXCELの形式ですね。今回のテーマで現れた送信先の人には必要ないと思いますw

スマホとかで確認してもらう時は、①PDFが便利かもしれないですね。

終わりです!

まとめ

この機能前からあったかな~と思いながら。さすがはGoogle先生というか、EXCELを受け入れ融合していく姿勢が良いですよね。