【Googleスプレッドシート | ASC関数】全角を一括で半角に変える。あれJIS関数無い??

スポンサーリンク

スポンサーリンク


データの全角と半角を簡単に揃える方法

フォームや、複数のスプレッドシートを配布して入力してもらったデータを集計してると、みんなそれぞれ入れ方が違って「ほんとウゼーな」って思いますよね(笑)

まぁでもそうやって入力出来る機能があるのでそれはしょうがないと思いましょう(^^)

そもそも、収集する方法が良くないんで自分の責任だと思ってくださいw

今回は、使いにくいデータを整理するときに、半角と全角を揃えるための便利な関数を紹介します!

全角を半角にするASC関数

まずは、全角の英数字・カタカナ・記号を半角にするASC関数です。

= ASC( 文字列 )

引数に文字列を指定するだけの簡単作業!

それではサンプルで見てみましょう!

C2セルにB2セルを引数に入れたASC関数を入力します。

決定すると。

超簡単ですね(^^)

C2の数式をC5までコピペして完成です!

半角を全角にするJIS関数

そして、ここでExcel関数の説明だと、今度は反対に半角を全角にするJIS関数を紹介するところですが、、、

スプレッドシートには、半角を全角に変えるJIS関数がありません。。。

一応やってみます!?

決定すると、

ガーン!

不明な関数:「JIS」

諦めましょう。

まぁとりあえず全部半角に合わせればデータの整理には問題ないですね(^o^)

まとめ

全角を半角にする関数を紹介しました!もちろん1つのセルに英数字・記号が混じっていても全部やってくれるので大丈夫です(^^)

使い方は全く同じですが、アルファベットだけ大文字・小文字に合わせたいようなときのために、UPPER関数・LOWER関数というものも容易されています。

うまく使って、データをきれいに整理してみましょう!

関数名使用例説明 説明
ASC=ASC(A1)A1セルに含まれる全角の英数字・カタカナ・記号を半角にする
UPPER=UPPER(A1)A1セルに含まれるアルファベットの小文字を大文字にする
LOWER=LOWER(A1)A1セルに含まれるアルファベットの大文字を小文字にする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする


スポンサーリンク