【EXCEL VBA | UCase関数・LCase関数】小文字を大文字、大文字を小文字に変換する

スポンサーリンク

小文字を大文字、大文字を小文字に変換する

セルの値を確認して、その後の処理を分岐したいときIF関数で指定の文字列を合っているかどうか確認すことがありますね。

IF Range("A1") = "HIRACHIN" Then 処理

みたいな感じのやつです。

ただし、比較対象のセルが自由入力だったりする場合、”HIRACHIN”と書く人もいれば、”Hirachin”と書く人もいるかもしれません。

そんなときは、セルの値を全部大文字か小文字に揃えてから比較するとうまくいきます。

ということで今回は、文字列を小文字は大文字に、大文字は小文字に変換する関数を紹介します。

小文字を大文字に変換する”UCase関数”

まずは UCase関数 です。

構文

UCase(文字列)

引数に変換したい文字列を指定するだけです。

次の図のA1セルにある”Hirachin”の文字列を大文字に変換してみます。

コードは次のようになります。

Sub sample()

    'A1セルの文字列をB1セルに大文字にして入力する
    Range("B1") = UCase(Range("A1"))
 
End Sub

では実行してみましょう。

A1セルの文字列が大文字に変換されました!

大文字を小文字に変換する”LCase関数”

ほとんど同じですが、次は LCase関数 です。

構文

LCase(文字列)

引数に変換したい文字列を指定するだけです。

次の図のA1セルにある”HIRACHIN”の文字列を小文字に変換してみます。

コードは次のようになります。

Sub sample()

    'A1セルの文字列をB1セルに小文字にして入力する
    Range("B1") = LCase(Range("A1"))
 
End Sub

では実行してみましょう。

A1セルの文字列が小文字に変換されました!