【EXCEL | UPPER関数・LOWER関数】アルファベットの大文字と小文字を簡単に揃える方法

スポンサーリンク

アルファベットの大文字と小文字を簡単に揃える方法

人間がフリーテキストで入力した情報って、書き方がバラバラでほんとに”うぜーな”って思いますよねw

今回は、そんなデータを整理するためのUPPER関数とLOWER関数の紹介をします。

アルファベットの表記を大文字は小文字へ、小文字は大文字へと変換してくれる便利な関数です(^o^)

全角・半角はそのままになりますので注意してくださいね!

半角・全角も揃えたいよ!って方は次の記事もどうぞ!

小文字をを大文字にするUPPER関数

まずは、小文字のアルファベットを大文字に変換するUPPER関数です。

構文

= UPPER( 文字列 )

引数に文字列を指定するだけの簡単作業!

それではサンプルで見てみましょう!

B2セルにA2セルを引数に入れたUPPER関数を入力します。

決定すると。

小文字が大文字になりました。

超簡単ですね(^^)

それぞれ、A列の文字列がどのように変換されるか確認します。

B2の数式をB6までコピペします。

大文字・小文字が混じっていても小文字だけを大文字にしてくれましたね。

そして、半角は半角のまま、全角は全角のままなことが確認出来ました(^o^)

大文字をを小文字にするLOWER関数

今度は、反対に大文字を小文字にするLOWER関数です。

= LOWER( 文字列 )

これも、引数に文字列を指定するだけの超簡単作業!

同じサンプルで関数で試してみましょう!

B2セルに引数をA2に設定したLOWER関数を入力します。

決定すると、

全て小文字になりましたね(^o^)

B3セルから、B6セルまで数式をコピーして他のも確認します。

文字列内の大文字だけが、小文字に変換されました(^o^)

半角は半角、全角は全角のままですね!

まとめ

大文字を小文字に、小文字を大文字にする関数を紹介しました!

半角・全角を変換する、ASC関数・JIS関数と組み合わせてデータ整理をスムーズに進めましょう!

関数名使用例説明 説明
ASC=ASC(A1)A1セルに含まれる全角の英数字・カタカナ・記号を半角にする
JIS=JIS(A1)A1セルに含まれる半角の英数字・カタカナ・記号を全角にする
UPPER=UPPER(A1)A1セルに含まれるアルファベットの小文字を大文字にする
LOWER=LOWER(A1)A1セルに含まれるアルファベットの大文字を小文字にする