【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】数式をセルの範囲に一括入力する!

スポンサーリンク

セルの範囲を指定して、数式を一括入力!

イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環境のエディター/Visual Basic Editor)で使用することができる機能で、主にコードの実行結果を試すなど、デバッグする時に使うものです。

イミディエイトウィンドウにVBAコードを書いて、一気に処理する方法を説明しています!

今回は、「セルの範囲を指定して、数式を一括で入力する」方法です。

↓イミディエイトウィンドウの立ち上げ方などはこちら

【EXCEL VBA】イミディエイトウィンドウを使う
イミディエイトウィンドウとは イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環続きを読む

使い方

前提:サンプルの筋トレ記録の合計欄(F2:F8)に「=SUM(B2:E2)」と入力する

※F3からF8のセルには、コピと同じ様に相対参照でB3:E3、B4:E4と範囲が適応します。

コード

ちゃんとしたコード

Range("F2:F8").Value = "=SUM(B2:E2)"

省略コード

[F2:F8] = "=SUM(B2:E2)"

2つとも同じです。

入力画面

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行動画

結果画面です。

まとめ

普通にやったほうが早いですけどね(笑)

オススメの本

VBAはこの本きっかけだったな~