EXCELで簡単な計算をしてみる

スポンサーリンク

EXCELで簡単な計算をしてみましょう。

四則演算(+-✕÷)

まずはこんな表を用意します。

1週間の筋トレした回数を記録した表です。

この表の合計欄に数式を入れて、合計の計算をしてみましょう。

EXCELでは、計算結果を表示させたいセルに計算式を入力します。

それではやってみましょう。

・月曜日の各種目の合計回数(列の合計)を「F3セル」に計算する。

「F3セル」に表示させるので、「F3セル」に計算式を入力します。

「F3セル」をアクティブセルにしてください。

次に計算式を入力します。動画を見て下さい。(18秒)

アクティブセルに「=a3+b3+c3+d3+e3」と入力して「Enter」ボタンを押します。

これで、計算は完了です。

「=」が計算しますよ!っていう合図で、その後に続けて計算式を入力します。

上の「=a3+b3+c3+d3+e3」は、各セルの数字を足しちゃって!って感じです。

それでは、他のセルにも同じように入力してみましょう。
でも1セルずつ入力するのは面倒ですね。

EXCELは、同じような計算をする場合は、計算式をコピーすること出来ます。

まずは、現在計算式が入力されているセルを選択します。

マウスをセルに合わせて右クリックをしてみましょう。

メニューが出てくるので、コピーをクリックして下さい。

画像のように、選択したセルにウニウニのサインが出てると思います。

これが、現在このセルがコピーされている合図です。

続けて、計算式を貼り付けたいセルを選択します。

選択したセルの上にマウスのポインタを置いて、改めて右クリックして下さい。

メニューが表示されます。

図の赤四角で囲った部分「貼り付けのオプション」の下のアイコンが数式だけを貼り付けるボタンです。

クリックすると。

計算式がコピーされ、選択したセル全てで同じ計算が行われます!

もちろん、行に合わせて合計セルは自動的に変わっていますよ!

合わせて10行目の行の合計も同じようにやってみましょう!

下記の動画をご覧下さい。(36秒)

これで、列の合計と行の合計が完成しました。

引く(ー)や掛ける(✕)や割る(÷)も一緒です。

同じように、「=」に続けて計算式を入力することで、数字の計算が可能です。ちなみに、✕(掛ける)は「*」(アスタリスク)、÷(割る)は「/」(スラッシュ)です。

参考動画をご覧下さい。(27秒)

簡単ですね!

複雑な計算でも「=」に続けて書くことで一瞬で計算してくれます。
でも、計算式を入力するのにいちいちセル名指定するのは面倒ですよね?

直感的にセルを指定して、計算式に入れ込むことも可能です。

セルを選択して「=」を入力した後、マウスで計算式に入れたいセルをクリックする。

同じように、「+」「ー」「*」「/」の記号を入れて、セルを指定することで

直感的に、計算式を入力することが出来ます。

次の動画は、先ほどを同じ計算式を、マウスをクリックすることで入力しています。

まとめ

EXCELの表で、行と列の合計を求める計算を説明しました。

全ての中で基本となるものだと思います。

しっかりマスターしましょう!

おまけ

計算で使う演算子の説明です。

【EXCEL】演算子の種類
EXCELで使う演算子の種類 EXCELの数式に現れる「+」とか「ー」とか「*」とかの記号。これ演算子って言います。関数使ったりするときには範囲の指定をしたり計算したりIF関数で条件を指定したり、色続きを読む