【統計に使えるEXCEL関数 | POWER関数】べき乗・累乗の計算

スポンサーリンク

ひらちんです。

せっかく統計を勉強しているので、統計で出てくる計算をEXCELでやる時に使える関数や機能などをシリーズでお伝えします(^o^)

POWER関数

べき乗・累乗を計算します。

2の2乗とか3の4乗とかそんなやつですね。

a の n乗 の計算したいときは、POWER関数を使います。

=POWER(a , n)

引数に、累乗したい数値(a)と指数(n)を入れるだけです。

次のシートのC列にべき乗の計算を行ってみましょう!

A列を数値(a)、B列が指数(n)で参照しています。

C2セル->3の3乗、C3セル->2の4乗、C4セル->6の5乗が計算できていることがわかります。

ちなみに、べき乗は演算子も用意されています。

「^」(キャレット)です。

=3^3

=2^4

=6^5

という書き方で同じ計算が可能です

先程の計算と同じものをキャレットを使って計算してみます。

同じ結果になりましたね(^o^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク