【EXCEL | RANK関数】データに順位を付ける

スポンサーリンク

データに順位を付ける

勝敗表や点数表の結果に応じて順位を付ける方法を紹介します。

RANK関数

構文

=RANK( 数値, 範囲, [順序] )

数値は、順位をつけたいターゲットの値やセル参照を指定します。

範囲は、順位を付ける比較対象の値が入っている範囲を指定します。

順序は、省略可能です。順序に 0 を指定するか、省略すると、多いもん順で1,2、3となります。順序に1を指定すると、少ないもん順に1,2、3となります。

サンプル

こんな感じの得点表があったとします。

C列にRANK関数を使って、順位を入れましょう。

C3セルに次の数式を入力します。

=RANK(B3,$B$3:$B$14)

順序は省略しているので、一番大きい数字が1となります。

範囲の指定を絶対参照($マーク)にしていますが、下にコピーしたときに範囲がずれてしまわないようにした対策です。

Enterで確定します。

C3セルに「2」と表示されました。

98点なんで、2番目であってますね!

それでは下までコピーしましょう。

それぞれの順位が表示されました!(^o^)

以上です。

おまけですが、順序の引数に1を指定してみましょう。

数値の小さい方から1位になっていますね(^o^)