【EXCEL VBA | DisplayAlertsプロパティ】確認メッセージを止める

スポンサーリンク

ひらちんです。

VBAからシートの削除を行ったりする場合、削除の命令が実行されたときに、「ほんとに消していいですか?」的な確認メッセージが流れます。

せっかく自動で処理したいのに、いちいち確認したくないですよね(^o^)

今回は、そんな確認メッセージを表示させない方法を紹介します。

DisplayAlertsプロパティ

確認メッセージを表示させないようにするには、ApplicationオブジェクトDisplayAlertsプロパティの値を”False”に設定します。

Application.DisplayAlerts = False

Falseに指定したところから、確認メッセージが表示されなくなります。

表示を再開したい場所で”True”に戻します。

Application.DisplayAlerts = True

というか、必ず戻しておかないと、以降、通常時も確認してもらえなくなるので注意してください(^o^)

では動作を確認してみましょう。

アクティブシートを削除するプログラムです。

まずは、確認メッセージを止めないバージョン

Sub sample()

    ActiveSheet.Delete

End Sub

確認メッセージが表示されました。

普通ですね。

それでは、DisplayAlertsを”False”に設定して、確認メッセージを止めましょう。

削除する命令(ActiveSheet.Delete)の前でFalse、後でTrueに設定します。

Sub sample()

    '確認メッセージを止める
    Application.DisplayAlerts = False

    'シートを削除する
    ActiveSheet.Delete
    
    '確認メッセージを再開する
    Application.DisplayAlerts = True
    
End Sub

確認メッセージが表示されずに、アクティブシートが削除されました。

これで、自動化出来ますね(^o^)


スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする


スポンサーリンク