【EXCEL VBA | RemoveDuplicatesメソッド 】重複するデータを削除する

スポンサーリンク

重複するデータを削除する”RemoveDuplicatesメソッド”を紹介します。

WeekRemoveDuplicatesメソッド

構文

RemoveDuplicates(Columns, Header)

引数”Columns”には重複チェックする列の位置を配列で指定します。

引数”Header”には先頭行をタイトル行とみなすかどうかを表す”xlYes”または”xlGess”を指定します。

やってみましょう!

サンプル

このサンプルの名前列を基準に重複するデータを削除します。

わかりやすいように、あらかじめ名前が重複するデータの下の方のデータに黄色の網掛けをしています。

コードはこちらです。

Sub sample()
  Range("A1:B18").RemoveDuplicates Columns:=Array(1), Header:=xlYes
End Sub

コードはこれだけです。

重複を削除したセル範囲のオブジェクトのRemoveDuplicatesメソッドを実行します。

引数Columnsには、配列で名前列の番号1を、Headerには、見出しとして扱うのでxlYesを指定しています。

実行します。

重複するデータが削除されました。

結果を見ると分かる通りですが、黄色を付けた網掛けの方(重複している下の行)が削除されることが分かります。

重複実行する場合には注意しましょう!