【EXCEL VBA | Year関数・Month関数・Day関数 】日付から”年” ”月” ”日” を取得する

スポンサーリンク

日付のデータから、”年” ”月” ”日” それぞれ単体で取り出したいときありますね。

取り出し方を紹介します(^o^)

Year関数

日付から”年”を取り出す関数

構文

Year(日付)

引数に日付のデータを入れるだけの簡単作業です!

Month関数

日付から”月”を取り出す関数

構文

Month(日付)

同じく、引数に日付のデータを入れるだけの簡単作業です!

Day関数

日付から”日”を取り出す関数

構文

Day(日付)

これも、引数に日付のデータを入れるだけの簡単作業です!

サンプル

では、実行してみましょう!

A2セルに入力されている日付データを、それぞれ、B2セルには”年”、C2セルには”月”、D2セルには”日”を取り出してみます。

コードは次です。

Sub sample()

    '年を取り出してB2セルに入力
    Range("B2") = Year(Range("A2"))
    
    '月を取り出してC2セルに入力
    Range("C2") = Month(Range("A2"))
    
    '日を取り出してD2セルに入力
    Range("D2") = Day(Range("A2"))
    
End Sub

特に難しいところは無いと思います(^o^)

はい。

取り出せましたね(^o^)

あとは煮るなり焼くなりお好きに加工して下さい!