【EXCEL | 使えるテクニックシリーズ】EXCEL表に簡単に連番を振る方法

スポンサーリンク

EXCEL表に連番を振る簡単な方法

山程あるEXCEL関数。関数辞典だけ見てて覚えても何の役にも立ちません。。。

EXCELの上級者になるためには、様々な関数を使って、やりたい処理を実現することです。

「EXCEL使えるテクニックシリーズ」では、面倒くさい処理を関数を使って簡単に行う方法を紹介していきます!

今回は「EXCEL表に簡単に連番を振る方法」を紹介します!

ROW関数

簡単に連番を振るために使う関数は「ROW関数」です。

=ROW([参照])

「ROW関数」は、[参照]に指定したセルの行番号を表示してくれる関数です。[参照]にセル範囲を指定すると、一番上端のセルの行番号が表示されます。[参照]を省略すると、「=ROW()」を入力したセル自身の行番号を表示します。

EXCEL表を作っていると、一番左端に「連番」を振ることも多いと思います。この「ROW関数」を使うことで、行の削除に連動した連番を振ることが出来ます!

使い方

【サンプル】

この表の、A列に連番を振っていきましょう。

「A2セル」に次の関数を入力して下さい。

=ROW()-1

こんな感じです。「Enter」で確定すると。

【解説】

「ROW関数」は、引数の[参照]を省略すると、関数を入力したセル自体の行番号を表示してくれます。A2セルに入力すると、「ROW()」は「2」となります。見出しで1行使っているので、番号を一つずらす必要があるので「-1」をしています。

この関数を下までコピーペーストすることで、連番を簡単に振ることが出来ますね(^^)

せっかくなのでオートフィル昨日でコピペしましょう!

【EXCEL|オートフィル機能】コピペのスピードUP!
コピペのスピードUP!オートフィル機能 文字や数式をコピーするには、右クリックのメニューやショートカットキーなどありますが、表の中で上から下までとかコピーするときは「オートフィル機能」が便利です。い続きを読む

行番号から、番号を取得しているので途中の行を削除しても、きちんとした連番が復活します!

実行動画

結果画面

別の方法

連番を振るには、別の方法もあります。

すぐ上のセルの値を元に連番を振る

一番上のセルだけ数字を入力して、その後に次の数式を入力します。※数値を入れたセルを「A2」セルとします。

=A2+1

連番の一番最初は、普通は「1」だと思いますので「1」と入れます。次のセルはその「1」を入れたセルに「1」を足して「2」その次のセルは「2+1=3」その次は「3+1=4」という具合に連番を振ることが可能です。

実行動画

結果画面

これで完成です!こちらの方法は、行を削除するとセルの参照がおかしくなるのでエラーになってしまいます(T_T)

でも、同じシートに上下で2つ以上の連番を作成する場合は、「ROW関数」を使った方法では、上の表の行を削除すると下の表の連番が崩れてしまいます。

場合に応じて使い分けが必要ですね(^^)

まとめ

覚えた関数をどのように使うか。アイデア次第でいろいろな時短が可能です!これからもどんどん紹介していきます!