【EXCEL | CONCAT関数】文字列を連結する

スポンサーリンク

文字列内の指文字列を連結する

CONCAT関数

構文

=CONCAT(文字列1[, 文字列2, 文字列3.....])

  • 文字列…結合したい文字列を指定します。セルの参照の場合は、複数のセル範囲での指定も可能です。


CONCATENATE関数という、同じように文字列を結合する関数もありますが、 CONCATENATE関数は、セルの参照を利用して結合する場合、セルの範囲を指定することが出来ませんので、使い所は無いでしょう。


サンプル

やってみましょう。

次のようなシートを用意しました。E列にCONCAT関数を使用して文字列をつなぎ合わせます。

E1セルに次の数式を入力します。

=CONCAT( A1, B1, C1, D1 )

Enterで確定します。

結合したい文字列のセルを、カンマ区切りで一つずつ指定しています。

セルの参照でも同じ結果になることを確認します。

E1セルの数式を次のように変更します。

=CONCAT( A1:D1 )

Enterで確定します。

一つずつ指定した場合と同じ結果になりました。

E2セルにも数式をコピーします。

結合されましたね。

複数のセル範囲を指定すると次のような結果になります。

E1セルに次の数式を入力します。

=CONCAT(A1:B2, C1:D1)

A1:B2C1:D1 という2つの範囲です。

確定すると

A→B→E→F→C→D の順番で結合されます。

指定したセル範囲内では、左上が優先でその後右に進みます。

セル範囲を指定する場合は、どの順番で結合されるのかに注意する必要があります。