【EXCEL VBA | Runメソッド 】他のブックのマクロを実行する

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ひらちんです。

複数のEXCELファイルを開いている場合、開いている他のブックに記述されているマクロを実行するときには、Runメソッドを使います。

構文

Application.Run "呼び出す別ファイルのマクロの指定"

サンプルとして、

"ひらちんの部屋_VBA.xlsm"

”test.xlsm”

の2つが開いているとします。

"ひらちんの部屋_VBA.xlsm"

Sub sample()
    
    'test.xlsmのtest_sumpleを呼び出す
    Application.Run "test.xlsm!Module1.test_sumple"
    
End Sub

のマクロが記述されていて

”test.xlsm” には

Sub test_sumple()
    
    MsgBox "呼び出されたよ!"
    
End Sub

のマクロが記述されています。

"ひらちんの部屋_VBA.xlsm" のsampleプロシージャを実行すると次のようになります。

マクロを実行したファイルと別のファイルのマクロが実行されたことが分かります。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする


スポンサーリンク