【EXCEL VBA | Clear・ClearContents・ClearFormats】セルのデータや書式を消す

スポンサーリンク

セルのデータや書式を消すメソッド

セルのデータや書式を消すには以下のような命令を使います。

Clearメソッド・・・セルに設定されている書式とデータを両方消す

ClearContentsメソッド・・・書式は残したまま、データだけを消す

ClearFormatsメソッド・・・データは残したまま書式だけ消す

次のサンプルで実行してみて、実際の動きを確認しましょう。

Clearメソッド

まずはClearメソッドです。

構文

Rangeオブジェクト.Clear

削除したいセルのRangeオブジェクトに続けて、Clearメソッドを実行します。

Sub sample()

    'データを消したい範囲を指定する
    Dim rng As Range
    Set rng = ActiveSheet.Range("A1:C2")
    
    'Clearメソッドでデータを削除する
    rng.Clear

End Sub

では実行してみましょう。

書式含めデータがすべて削除されましたね(^o^)

ClearContentsメソッド

次はClearContentsメソッドです。

構文

Rangeオブジェクト.ClearContents

削除したいセルのRangeオブジェクトに続けて、ClearContentsメソッドを実行します。

Sub sample()

    'データを消したい範囲を指定する
    Dim rng As Range
    Set rng = ActiveSheet.Range("A1:C2")
    
    'ClearContentsメソッドでデータを削除する
    rng.ClearContents

End Sub

上記のコードを同じサンプルで実行してみます。

書式だけが残って、中のデータだけ削除されました。

ClearFormatsソッド

最後にClearFormatsメソッドです。

構文

Rangeオブジェクト.ClearFormats

削除したいセルのRangeオブジェクトに続けて、ClearContentsメソッドを実行します。

Sub sample()

    'データを消したい範囲を指定する
    Dim rng As Range
    Set rng = ActiveSheet.Range("A1:C2")
    
    'ClearClearFormatsメソッドでデータを削除する
    rng.ClearFormats

End Sub

これも同じサンプルで実行してみます。

はい。中のデータは残ったまま書式だけが削除されました。