【EXCEL | COUNTIFS関数】複数の指定した条件にあったセルの数を数える

スポンサーリンク

【COUNTIFS関数】複数の指定した条件に合ったセルを数える

EXCELの表を扱ってると、「この条件とこの条件に当てはまる数が出したいな~」ってことは度々起こりますね。今日は、そんな時に使える関数の紹介です。

【おさらい】条件が一つの場合は→COUNTIF関数

【EXCEL | COUNTIF関数】指定した条件に合ったセルの数を数える
指定した条件に合ったセルの数を数える「COUNTIF関数」 COUNTIF関数 「=COUNTIF(①範囲,②検索条件)」 という形で引数(括弧内の部分)に①で指定した範囲に、②で指定した条続きを読む

COUNTIFS関数

「カウントイフエス」って読むらしいです。ずっと「カウントイフズ」と思っていました。

=COUNTIFS(条件範囲1,条件1[,条件範囲2,条件2]・・・)

数式の書き方と引数は上記のようになっています。※最大で127の条件を指定出来ますw

使い方

【サンプル】

A1セル~D16セルまでの表から、F3セルに「性別」G3セルに「血液型」を指定することで、表の中から、その条件に合致する人数を「H3セル」に表示します。

H3セルに表示させたいので、H3セルに数式を入れます。

条件範囲1 B2:B16 ・・・性別の列

条件1 F3 ・・・ 性別を選ぶセル

条件範囲2 D2:D16 ・・・血液型の列

条件2 G3 ・・・血液型を選ぶセル

なので以下のようになります。

=COUNTIFS(B2:B16,F3,D2:D16,G3)

それでは実行してみましょう。

以上です。

まとめ

複数条件で数を数えるCOUNTIFS関数の紹介でした!よく使う関数なので、覚えるのは必須です!