【EXCEL | RANDARRAY関数】ランダムな数値の配列を作る!

スポンサーリンク

ランダムな数値の配列を作る!

お馴染みのRNAD関数は、0以上1未満の数字をランダムに返す関数でした。

これのパワーアップバージョンみたいな関数だと思ってください!

まぁ、実務ではあまり使い所が分かりませんが(笑)

スピル機能が搭載されたことでできた、新しい関数なので紹介します(^o^)

RANDARRAY関数

構文

=RANDARRAY( [行], [列], [最小], [最大], [整数] )

・・・作成する配列の行数を指定します。(省略した場合1)

・・・作成する配列の列数を指定します。(省略した場合1)

最小・・・生成する乱数の最小値を指定します。(省略した場合0)

最大・・・生成する乱数の最大値を指定します。(省略した場合1)

整数・・・整数(TRUE)か10進数の数値(FALSE)のいずれかを指定します。(省略した場合FALSE/10進数の数値)

何個かやってみましょう!

【1行1列】

=RANDARRAY()

全ての引数を省略しました。

つまり、ちゃんと書くと次のようなことです。

=RANDARRAY(1, 1, 0, 1, FALSE)

「行1、列1、最小値0、最大値1、10進数の数値」です。

お気づきの方もいると思いますが、

=RAND()

と一緒ですね。

再計算されるたびに表示される数値は変わります。

【5行1列】

=RANDARRAY(5)

最初の引数「行」だけ指定して他は省略しています。

ちゃんと書くと次のようになります。

=RANDARRAY(5, 1, 0, 1, FALSE)

【1行5列】

=RANDARRAY(,5)

最初の引数「行」を省略、次の引数「列」だけ指定、その後も省略しています。

何番目の引数を指定しているか分かるように、指定する引数よりも前の引数を省略する場合は、省略した数分だけ「,」を入れます。

ちゃんと書くと次のようになりますね。

=RANDARRAY(1, 5, 0, 1, FALSE)

【5行5列で1から100までのランダムな整数】

=RANDARRAY(5, 5, 1, 100, TRUE)

「行5、列5、最小値1、最大値100、整数(TRUE)」で引数指定でできますね。

まとめ

RANDARRAY関数を紹介しました。実務でどこで使うのかは相変わらず分かりませんが、SORTBY関数などと組み合わせると、ランダムに並べ替えを行ったりなどは出来ますね(^o^)そのへんは、また別の記事で紹介させて頂きます!