【EXCEL | RAND関数】乱数を作ります!

スポンサーリンク

RAND関数で乱数を発生させる

日常ではあまりないかもしれないですが、乱数作りたいときありますよね。今日は、乱数を発生させるRAND関数の紹介です!

RAND関数

RAND関数を使うことで0以上1未満の乱数を発生させることができます。

=RAND()

数式の書き方と引数は上記のようになっています。

これだけなんで、なんの説明もありませんが。。。

使い方

サンプルもクソもないですね。とにかく、「=RAND()」と入れれば、0以上1未満の数字がランダムで表示されます。

注意点

RAND関数は、再計算される度に新しい乱数が発生するため、確定したい場合は値に直してコピペしとく必要があります。

まとめ

なんかふとした時にランダムな数字が欲しくなるときがあります。。。

整数が欲しいときは、「✕10」してつかうなど工夫して使って下さい!