【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】アクティブブックの所在地(PATH)調べれる?

スポンサーリンク

アクティブブックの所在地(PATH)調べる

イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環境のエディター/Visual Basic Editor)で使用することができる機能で、主にコードの実行結果を試すなど、デバッグする時に使うものです。

イミディエイトウィンドウにVBAコードを書いて、一気に処理する方法を説明しています!

今回は、「アクティブブックの所在地(PATH)調べる」方法です。

↓イミディエイトウィンドウの立ち上げ方などはこちら

【EXCEL VBA】イミディエイトウィンドウを使う
イミディエイトウィンドウとは イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環続きを読む

使い方

前提:アクティブブック(操作しているブック)のPATHを調べる

普通にEXCELいじってたらあんまり意識することはないかもしれないですが、VBAでプログラミングなんかしてると、ブックの場所をPATH(パス)で指定しないといけない場面がよく出てきます。もちろん、フォルダみてどこにあるのか見たら良いんですが、手軽に調べられた方がいいですよね。一発コードでササッと調べる方法をご紹介します。

※参考:パスについて分からないかた→コトバンク(パス)

コード

ちゃんとしたコード

Debug.print ActiveWorkbook.Path

省略コード

?activeworkbook.path

【サンプル】

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行結果

「C:User¥[ユーザー名]¥****¥****¥ひらちん関連」と表示されました。ユーザー

※「ユーザー名」や「****」フォルダ名はご自身の環境によって違います

これでブックの「PATH」が分かりました。

ちなみに

↑のコードでは、ブックが置かれているフォルダ名までしか取得出来ませんが、ブックのファイル名も表示させたいときは、次のコードを使って下さい。

【ファイル名まで表示させたいとき】

ちゃんとしたコード

Debug.print ActiveWorkbook.FullName

省略コード

?activeworkbook.fullname

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行結果

「C:User¥[ユーザー名]¥****¥****¥ひらちん関連¥ひらちんのお部屋_イミディエイトウィンドウ.xlsxとファイル名まで表示されました!

※なんで「.xlsm」じゃないん?とか「部屋」みたいなことは気にしないで下さい。

また、ファイル名だけで良いんだよ。みたいなときは次のコードです。

【ファイル名まで表示させたいとき】

ちゃんとしたコード

Debug.print ActiveWorkbook.Name

省略コード

?activeworkbook.name

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行結果

ひらちんのお部屋_イミディエイトウィンドウ.xlsxとファイル名だけが表示されました。

【解説】

このコードは、「Workbookオブジェクト」のプロパティを取得しているコードです。「Pathプロパティ」「FullNameプロパティ」「Nameプロパティ」と取得するプロパティによって情報が異なります。

まとめ

ちょこっとコードで業務効率改善!

オススメの本

VBAはこの本きっかけだったな~