【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】セルの範囲の全ての空白セルに斜線を引く!

スポンサーリンク

セルの範囲の全ての空白セルに斜線を引く!

イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環境のエディター/Visual Basic Editor)で使用することができる機能で、主にコードの実行結果を試すなど、デバッグする時に使うものです。

イミディエイトウィンドウにVBAコードを書いて、一気に処理する方法を説明しています!

今回は、「セルの範囲の全ての空白セルに斜線を引く!」方法です。

↓イミディエイトウィンドウの立ち上げ方などはこちら

【EXCEL VBA】イミディエイトウィンドウを使う
イミディエイトウィンドウとは イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属しているプログラムの開発環続きを読む

使い方

前提:指定したセルの範囲の中で、空白のセルすべての斜線を引きます

表作ってると、「このセルデータないですよ」みたいな意味で、斜線を引くことありますよね。普通ははポチポチ選択して書式設定から罫線で引きますが、VBAコードを使えば1行で引くことができちゃいます!

【サンプル】

この表の空白セルに一発で斜線を引きます!

コード

ちゃんとしたコード

Range("B2:F10").SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Borders(xlDiagonalUp).LineStyle = xlContinuous

省略コード

[b2:f10].specialcells(4).borders(6).linestyle = 1

「Alt + F11」でVBEを開きます。イミディエイトウィンドウに上記のコードを入力して「Enter」で実行して下さい。

実行動画

結果画面です。

このコードは、SpecialCellsメソッドという命令を使っています。セルを操作する特別な命令です。引数に指定した「xlCellTypeBlanks」が「空白セル」という意味(4です)なので、空白を操作するよ。ということになりますね。「borders」はプロパティで罫線です。引数に指定した、「xlDiagonalUp」は右肩上がりの斜線です。ちなみに右肩下がりは「xlDiagonalDown」です。罫線で右肩上がりの斜線を表しています。

で、「LineStyle」は読んでそのまま線のスタイルです。「xlContinuous」は実線なので、意味は次のようになります。

選択した範囲の空白のセルの罫線の右肩上がりの斜線を、実線にする

スペシャルセルズメソッドとプロパティの定数についてはこちら!

【EXCEL VBA | イミディエイトウィンドウ】SpecialCellsメソッドと定数について
SpecialCellsメソッドと定数について イミディエイトウィンドウとは、VBA(Visual Basic for Application)を利用する時に使うVBE(EXCELなどに付属している続きを読む

まとめ

これ、結構使える場面あるんじゃないかな~、表が小さいときはいいけど、でっかい表だったら斜線引くの面倒ですもんね!これなら一撃で終わらせれますよ(^^)/

オススメの本

VBAはこの本きっかけだったな~