【EXCEL】プルダウンリストを自動的に増えるようにしたい!

スポンサーリンク

入力規則、プルダウンリストの元データはテーブルにするのが便利

入力規則で設定したプルダウンリスト、リスト項目の内容が変更になったり、増減したりした時設定のし直しが、面倒だと感じますよね?テーブル形式のデータでリストの元データを設定することで、元データを触るだけでプルダウンリストに反映させることができるようになりますよ!

作業の流れ

1.プルダウンリストの元データをテーブル形式にする

2.入力規則で設定する

1.プルダウンリストの元データをテーブル形式にする

まずは、プルダウンリストの元となるデータをテーブル形式に設定してみましょう。

テーブルにしたいデータの範囲を囲って、「挿入タブ」の「テーブル」をクリックします。

範囲が正しく選択されているか確認して「OK」ボタンを押してください。

こんな風にシマシマになれば成功です!テーブル設定は以上です。

2.入力規則で設定する

次に、入力規則を使って、C3セルにプルダウンを設定していきましょう。

C3セルを選択して、データタブからデータの入力規則をクリックして、データの入力規則に進みます。

データの入力規則の画面が出てくるので、「入力値の種類」を「リスト」に設定し、「元の値」に先程作ったテーブルの項目の中身だけの範囲を指定します。

普通の設定と同じなので問題ないですね。

※過去投稿:データの入力規則

EXCEL データの入力規則
セルに入力出来る値を制限したり、データの入力を補助してくれる「データの入力規則」 データの入力規則 複数の人に配布して、データを入力してもらい、集計する。EXCELを使ってする業務にはそんな場続きを読む

これで、全ての設定が完了しました。F8セルからプルダウンリストの元データの続きにデータを追加していくだけで、C3セルのプルダウンリストが自動的に増えていくと思います。

動画でまとめて見てみましょう。

まとめ

いろんな工夫をすることで、どんどん楽ちんに出来ますね!