【EXCEL VBA | StatusBarプロパティ】画面下部のステータスバーにメッセージを表示する

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ひらちんです。

今回は、EXCEL画面の一番下部のステータスバーに、独自のメッセージを表示する方法を紹介します。

通常は、この部分はEXCELからの情報が表示されるところですね。

ここにメッセージを表示したいときは、ApplicationオブジェクトのStatusBarプロパティを設定します。

構文

Application.StatusBar = "メッセージ"

簡単ですね。

”独自のメッセージをここに表示するよ”というテキストをステータスバーに表示したいときは次のようにします。

Sub sample()

    Application.StatusBar = "独自のメッセージをここに表示するよ"
    
End Sub

実行すると次のように、ステータスバーにメッセージ(独自のメッセージをここに表示するよ)が表示されます。

ただし、StatusBarプロパティを変更してしまうと、プログラムが終了した後もメッセージはそのままになってしまい、EXCELからの情報が表示されなくなってしまいます(;_;)

次のように、プログラム終了時には、元々の状態(False)に戻してあげましょう。

そうすることで、EXCELからの情報も受け取れるようになります。

Sub sample()

    'ステータスバーにメッセージを設定する
    Application.StatusBar = "独自のメッセージをここに表示するよ"
    
    'ステータスバーを元に戻す
    Application.StatusBar = False
    
End Sub

実行します。

元に戻りましたね(^o^)

ループ処理なんかで、今どこまで実行してるかみたいなカウンター的に使うことも多いです。

Sub sample()

    Dim i As Long
    For i = 0 To 5000
        
        'ステータスバーに処理状態を表示
        Application.StatusBar = "現在 " & i & " 番目処理中"
    
    Next
    'ステータスバーを元に戻す
    Application.StatusBar = False
    
End Sub

何かと使うんで覚えときましょう!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする


スポンサーリンク