【EXCEL VBA | ノート】フォルダやファイルの操作

スポンサーリンク

フォルダやファイルの操作

フォルダやファイルの操作について紹介します。

ブックを開く

Openメソッド

Workbooks.Open "ファイルパス"

例えば、”C:\sample”フォルダにある、”ひらちんの部屋.xlsx”を開きたい場合は

Workbooks.Open "C:\sample\ひらちんの部屋.xlsx"

とします。

ブックを保存する

SaveAsメソッド

ActiveWorkbook.SaveAs "保存したい場所のファイルパス"

ここでは、ActiveWorkbookとしていますが、WorkbookオブジェクトならOKです。

例えば、”C:\ひらちんの部屋”フォルダに、”ひらちんの部屋_VBA.xlsm”として保存したい場合は、

ActiveWorkbook.SaveAs "C:\ひらちんの部屋\ひらちんの部屋_VBA.xlsm"

とします。

同名のブックがあった場合は、何もしないと上書きするかどうかの確認が表示されます。

これを表示させずに上書き保存で進める場合は、保存操作の前に、

Application.DisplayAlerts = False

を指定します。

これは、ポップアップアラートを表示させない設定です。

処理が終わった後は、

Application.DisplayAlerts = True

で、元に戻しといてくださいね(^o^)

Sub sample()

    Application.DisplayAlerts = False

    ActiveWorkbook.SaveAs "C:\ひらちんの部屋\ひらちんの部屋_VBA.xlsm"
    
    Application.DisplayAlerts = True
    
End Sub

ファイルコピーする

FileCopyステートメント

FileCopy "コピー元のファイルパス", "コピー先のファイルパス"

例えば、”C:\ひらちんの部屋”フォルダにある”ひらちんの部屋1.xlsm”ファイルを、同じフォルダに ”ひらちんの部屋2.xlsm” として保存したい場合は、

FileCopy "C:\ひらちんの部屋\ひらちんの部屋1.xlsm", "C:\ひらちんの部屋\ひらちんの部屋2.xlsm"

とします。

フォルダやファイル名の部分は変更しても大丈夫ですが、存在しないフォルダにコピーしようとするとエラーになります。

フォルダを作成する

MkDirステートメント

MkDir 作成するフォルダの名前

例えば、”C:\ひらちんの部屋”フォルダの配下に”ひらちんの小部屋”フォルダを作りたい場合は

MkDir ”C:\ひらちんの部屋\ひらちんの小部屋”

とします。

すでに存在しているフォルダと同じフォルダを作ろうとするとエラーになります。