【Python | NOTE】matplotlibの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

matplotlibの使い方

環境

  • Windows10
  • anaconda
  • python3
  • jupyter notebook

モジュールインポート

# 本体
import matplotlib.pyplot as plt
%matplotlib inline

# 凡例を日本語で表示する時
import japanize_matplotlib

「%matplotlib inline」はJupyterNotebook上にグラフ描画する場合に記述する

折れ線グラフの表示

# 月別データの合計をグラフに表示
df_month_data.sum().plot()

# 平均をグラフに表示
df_month_data.mean().plot()

ヒストグラムの表示

# 階級分けは自動
plt.hist(df['amount'])

# 階級分けは指定(20個の階級に分ける)
plt.hist(df['amount'], bins=20)

※'amount'は値にしたいカラム名。必要に応じて変更する

複数の凡例の折れ線グラフの表示

import japanize_matplotlib

plt.plot(list(df.index), df['東京'], label='東京')
plt.plot(list(df.index), df['神奈川'], label='神奈川')
plt.plot(list(df.index), df['埼玉'], label='埼玉')
plt.legend()

plt.plot(インデックス行のリスト, 利用する列名, label='凡例名')

japanize_matplotlibをインポートしているのは、凡例を日本語で表示するためです。