【GAS GoogleAppsScript | 基礎コード】データ型について

スポンサーリンク

データ型

Googleスプレッドシートの操作を中心にGAS(GoogleAppsScript)の基本コードを紹介しています。初心者の方が順番に読んでくだけでGASの基礎コードが理解出来るようになればなと思って、短めの記事で進めて行きたいと思います!

今回は、GASで使うデータの型について紹介します!

これまでに、"変数" "定数"について説明しました。記事はこちらです。

変数や定数には、色々なデータを入れることが出来ますが、プログラムを作っていくときには、それが「どんなデータなのか」を意識する必要があります。

GASなどプログラミング言語では、「どんなデータなのか」が色々な種類で決められています。例えばGASでは次のようなデータ型があります。

データ型 説明
文字列型(String) 文字列 'あいう',"かきく"とか
数値型(Number) 整数・浮動小数点 20,2.25,100
真偽型(Boolean) TRUE(真)・FALSE(偽) true,false
配列型(Arrar) インデックスをキーとするデータの集合 [1,2,4,6],['あい',100,true]
オブジェクト型(Object) プロパティをキーとするデータの集合 {a:20.b:40,c:60},{name:'ひらちん',age:30}
null 特殊な値(値なし) null
undefined 特殊な値(未定義) undefined

文字列型(String)

文字列型は文字通りの"文字列"の型です。GASでは、「'」シングルクォーテーションか、「"」ダブルクォーテーションで囲います。

また、改行やタブなどを表現する特別な文字列については、「\」バックスラッシュを使った、エスケープシーケンスという方法で表現します。

エクケープシーケンス 説明
\n 改行
\r 復帰
\t タブ
\\ バックスラッシュ
\' シングルクォーテーション
\" ダブルクォーテーション

例えば次のような文字列を、ログで確認すると

'こんにちは\n\'天気\'サイコー!'

こんにちは

'天気'サイコー!

と、「こんにちは」の次で改行されて、「天気」が「'」シングルクォーテーションで囲われます。

文字列を結合したい場合は「+」プラスを使います。

function test(){
  var a = "あいう"
  var b = "えお"
  Browser.msgBox(a + b); // 「あいうえお」と表示される
}

このコードを実行すると、「あいうえお」という文字列が、メッセージボックスに表示されます。

数値型(Number)

数値型は、整数や浮動小数点を扱うデータ型です。

数値型同士は、四則演算など計算が出来ます。

// メッセージボックスに「6」が表示される
function test(){
 var a = 1; // 数値型
 var b = 5; // 数値型
 Browser.msgBox(a + b); // 足し算
}

// メッセージボックスに「4」が表示される
function test(){
 var a = 1; // 数値型
 var b = 5; // 数値型
 Browser.msgBox(b + a); // 引き算
}

// メッセージボックスに「15」が表示される
function test(){
 var a = 3; // 数値型
 var b = 5; // 数値型
 Browser.msgBox(a * b); // 掛け算
}

// メッセージボックスに「3」が表示される
function test(){
 var a = 2; // 数値型
 var b = 6; // 数値型
 Browser.msgBox(b / a); // 割り算
}

真偽型(Boolean)

真偽型は、「真」か「偽」かを表現するデータ型です。IF関数なんかの条件判定で出てくるやつですね。

function test1(){
 var a = 1 > 2;   // 2より1は大きい
 Browser.msgBox(a); // 違うのでfalseが表示される
}

function test2(){
 var a = 1 < 2;   // 1より2は大きい
 Browser.msgBox(a); // そうなのでtrueが表示される
}

nullとundefined

nullは値がないとき、undefinedは定義されていないときという特別な意味を持っています。とりあえず今はそんなもんなんだ~くらいで良いかと思います。また追々詳しく説明します!

配列型(Array)とオブジェクト型(Object)

これは、いずれもデータの集合体です。話し長くなるので今回は一旦割愛です(笑)次回以降で別記事で説明します!

まとめ

今回はデータ型について説明しました!まずは、文字列型・数値型・真偽型この3つを意識してくれれば大丈夫です!