【EXCEL VBA | Environ関数】ログインユーザー名やPCの名前を取得する!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ひらちんです。

今回は、Environ関数を紹介します!

Environ関数は、環境変数に設定された値を取得出来ます。

それを使うことで、ログインしているユーザーの名前やPCの名前などを取得することが可能です(^o^)

Environ関数

構文

Environ(環境変数)

引数に指定した環境変数の値を取得出来ます。

※環境変数を指定するときは、%はつけないので注意して下さい。

指定した環境変数があるときは、その値を返し、存在しない場合は「””」を返します。

早速やってみましょう!

環境変数に登録されている情報を取得

Environ関数の引数に、”Path”を指定すると、登録されているPATHの一覧が取得出来ます。

Sub sample()

    '①環境変数に登録されている情報を取得する
    Dim hoge As Variant
    hoge = Environ("Path")
    
    '①は「;」区切りの文字列なので、見にくいから「;」を「改行」
    'に変換して出力
    Debug.Print Replace(hoge, ";", vbCrLf)

End Sub

「;」区切りのテキストで取得されますので、見やすいように「;」を「vbCrLf(改行)」に変換しています。

Split(hoge, ";")

で配列にぶちこんでも良いですね(^o^)

実行すると次のように、環境変数に登録されている情報が取得出来ます。

ログインユーザー名を取得する

ログインしているユーザー名を取得するには、引数に「”USERNAME”」を指定します。

Environ("USERNAME")

です。

Sub sample()

    'ログインユーザー名を取得する
    Dim hoge As Variant
    hoge = Environ("USERNAME")
    
    '出力
    Debug.Print hoge

End Sub

PCの名前を取得する

PCの名前を取得するには、引数に「”USERDOMAIN”」を指定します。

Environ("USERDOMAIN")

です。

Sub sample()

    'PCの名前を取得する
    Dim hoge As Variant
    hoge = Environ("USERDOMAIN")
    
    '出力
    Debug.Print hoge

End Sub

CPUの名前を取得する

CPUの名前を取得するには、引数に「”PROCESSOR_IDENTIFIER”」を指定します。

Environ("PROCESSOR_IDENTIFIER")

です。

Sub sample()

    'CPUの名前を取得する
    Dim hoge As Variant
    hoge = Environ("PROCESSOR_IDENTIFIER")
    
    '出力
    Debug.Print hoge

End Sub

以上です!(^o^)


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする


スポンサーリンク