【Googleスプレッドシート | SPARKLINE関数】 セル内にミニグラフを作成する!

スポンサーリンク

セル内にミニグラフを作成する!

今回は、セル内にミニグラフを作る、SPARKLINE関数を紹介します!

「むむっ!ちょっと出来るな」と思ってもらえる見栄えの資料を作るのに活躍します(^o^)

例えば以下の画像のようにセル内にちょっとしたグラフを作ることが出来ます!

SPARKLINE関数

それでは早速説明していきます。セル内にグラフを作成するには、SPARKLINE関数を使います。SPARKLINE関数は、引数にグラフにしたいデータの範囲と、どんなグラフにするかの詳細を設定するオプションを指定します。

構文

= SPARKLINE( データ, [オプション] )

データ:グラフにしたいデータを範囲で指定します。(配列でもOK)

オプション:グラフの種類や設定を指定します。(省略OK 範囲や配列で指定、セルの参照で指定することも可能です。)

オプションの記載方法(例)

{ "charttype","column"; "axis", true; "axiscolor", "red"}

オプションは複数指定することが出来ます。一つ一つのオプションの区切りは、「;」セミコロンで区切ります。一つのオプションは、「,」を挟んで、左側が設定したいオプションの項目。右側が、設定内容になります。

文字列データは、「"」ダブルクォーテーションで囲みます。数値の場合は囲いません。

【オプション一覧

オプションに以下のものがあります。

分かりやすく言うと、まずグラフの種類(charttype)を設定して、それ以降は必要に応じて、そのcharttypeに指定できるその他の設定を追加していくという流れです。

charttype グラフの種類のオプション

No.設定文字列意味
line折れ線グラフ
bar積み重ね棒グラフ
column縦棒グラフ
winloss正方向・不方向

①{"charttype","line"}

{"charttype","bar"}

③{"charttype","column"}

④{"charttype","winloss"}

数値の大きさは関係なく、正or0or負で棒グラフが作られます。

グラフの種類別のオプション内容

各charttype別でその他のオプション設定できる項目が違います。

①line

設定項目設定のデータ型意味
xmin数値横軸の最小値
xmax数値横軸の最大値
ymin数値縦軸の最小値
ymax数値縦軸の最大値
color色("red")とか線の色
empty"zero" "ignore" など空セルの処理方法
nan"convert" "ignore"非数値データを含むセルの処理方法
rtl"true" "false"グラフを右から左の向きにするかどうか
linewidth数値線の太さ

※折れ線グラフの線の色は、そのセルのフォントの色を変更することでも指定出来ます。

サンプル

③column ④winloss

設定項目設定のデータ型意味
color色("red")とか縦棒の色
lowcolor色("red")とか最小値の色
highcolor色("red")とか最大値の色
firstcolor色("red")とか最初の縦棒の色
lastcolor色("red")とか最後の縦棒の色
negcolor色("red")とか負の縦棒の色
empty"zero" "ignore" など空セルの処理方法
nan"convert" "ignore"非数値データを含むセルの処理方法
axis"true" "false"軸を表示するかどうか
axiscolor色("red")とか軸の色
ymin
③columnのみ
数値縦棒の高さのを指定するカスタムデータの最小値
ymax
③columnのみ
数値縦棒の高さのを指定するカスタムデータの最大値
rtl"true" "false"グラフを右から左の向きにするかどうか

※色は色の名前(例: 「緑」)か 16 進数コード(例: 「#3D3D3D」)で指定できます。

サンプル

②bar

設定項目設定のデータ型意味
max数値横軸の最大値
color1色("red")とかグラフ内の縦棒に使用する1つ目の色
color2色("red")とかグラフ内の縦棒に使用する2つ目の色
empty"zero" "ignore" など空セルの処理方法
nan"convert" "ignore"非数値データを含むセルの処理方法
rtl"true" "false"グラフを右から左の向きにするかどうか

※棒グラフの "color1" と "color2" オプションは Google スプレッドシートの新バージョンでのみ指定できます。

サンプル

まとめ

SPARKLINE関数を紹介しました!同じ機能ではないですが、EXCELだと条件付書式の機能からデータバーとかで、セル内に棒グラフを入れたりして、データを見やすくする方法があります。Googleスプレッドシートにはそういった書式はないので、何らかの代替案として使えるかもしれないですね(^o^)