【Googleスプレッドシート|タイムゾーン】どうやらEXCELをスプレッドシートで開くとダメっぽいな。

スポンサーリンク

どうやらEXCELをスプレッドシートで開くとダメっぽいな。

以前こんな記事を書きました。

【Googleスプレッドシート|タイムゾーン】「TODAY()」が今日じゃないじゃん!?
「TODAY()」が今日じゃないじゃん!? 「TODAY関数」は今日の日付を返してくれるおなじみの関数です。イベントまでの残りの日数だったり、今日の日付だったり色んな数式に使えます。 ところが、あ続きを読む

共有されたスプレッドシートにTODAY関数を入れていると、なんか日付がおかしい。。。

色々見てみたら、スプレッドシートのタイムゾーンの設定がおかしくなってたって話です。一旦は、記事にある通り、タイムゾーンの設定を戻したら正常に戻ったのでそのままにしていました。

が、しかし。

後日、スプレッドシートを見てみると、またタイムゾーンが「Pacific Time」に。。。

なんで?これ永遠に続くん?

気持ち悪いので、再度調査。

あ。。。

スプレッドシートのファイル名の後ろに「.XLSX」

これ、EXCEL。。。

もしや、EXCELは、タイムゾーンおかしくなる??

やってみました。

新しく作ったEXCELファイルを、Googleドライブにアップロード。

スプレッドシートで開いてみます。

「Google スプレッドシートの設定」でタイムゾーンを確認すると。

Pacific Time!

どうやら、EXCELを無理やりスプレッドシートで開くとおかしくなるようだ。

「スプレッドシート作ったあとのインポートは?」

素朴な疑問を抱いたので、試してみました。

まずはGoogleドライブ上で「test1」という名前のスプレッドシートを作成。

とりあえずこの状態で、タイムゾーンの確認。

これは「Tokyo」

問題なし。

では、デスクトップにあるさっきの「test.xlsx」ファイルをスプレッドシート(test1)にインポートしてみます。

インポート出来ました。

では、タイムゾーンを確認してみましょう。

「Tokyo」!

どうやらインポートは大丈夫みたいです。

とりあえず、GoogleドライブにアップロードされたEXCELをスプレッドシートで開くとタイムゾーンがおかしくなることは分かりました。

が、しかし。

直したタイムゾーンが後日、またおかしくなっているのはなんでだろう。

ここまでは辿り着けませんでした(T_T)

気持ち悪いから誰か知ってる人いたら教えて。

ずっと調べてしまいそう。。。